ふたりの暮らし

Home > 旅行 > ヨーロッパ > 【イタリア旅⑧】荘厳な世界・ヴァチカン市国へ。ヴァチカン美術館

2016.10.30 Sun 【イタリア旅⑧】荘厳な世界・ヴァチカン市国へ。ヴァチカン美術館

20161030.jpg

ローマは月曜日。
今日は念願のヴァチカン美術館。
9:00で予約済!

天気もいいので早めにホテルで朝食を済ませいざ出発。
地球の歩き方によると、入場待機列に並ぶなら地下鉄のOttaviano駅で降り
美術館の入り口に直接行きたいならValle Aurelia駅で降りたら近い
と書いてありました。
確か入場時間に合わせて並ばずに直接入り口に行った方がいいようなことを
何かで読んだので、Valle Aurelia駅で降車。
早速道に迷う。
タブレットのGPSがフワフワして、今どこにいるのかよく分からず(涙
途中警察の人に道を聞いて目の前の大きな階段を登ったら・・・
ありました。たくさんの人 人 な美術館入り口。

予約時間もオーバーしてるので係の人に伝えたら
白人の団体優先の方々と混ぜてもらい入場出来ました。
よ・・・良かった。
道迷って焦った。

2016103001.jpg

入場するとセキュリティチェックを受け(どこもあるのね)て、受付で予約済みの
バウチャーを見せ、発券。
1番上まで徒歩でらせん状の廊下を登り、観覧スタート。

頭の中には「ヴァチカン美術館からそのままシスティーナ礼拝堂
→サンピエトロ大聖堂」へ行ける。ルートを間違えたらいけない、
というのがずっとありました。これならわざわざサンピエトロ大聖堂に
並ぶ必要がないそうです。

ヴァチカン美術館広いです。
一応大学は美術系だったので授業で学んだ作品がたくさん展示されていて興奮しました。

ラオコーン

2016103002.jpg

トルソー

2016103003.jpg

地図の間

2016103004.jpg


黄金に輝き、真っ直ぐ続く道を天井・壁全てに絵があります。
夫のタブレットが写りこんでいる・・・

2016103005.jpg

ラファエロの間

2016103006.jpg


そしてシスティーナ礼拝堂へ。
写真撮影、お喋り、帽子 禁止です。

2016103007.jpg
右の標識を曲がるとそのまま行けます

ケランジェロが描いた天井画は色鮮やか。
滑らかで固そうな筋肉。いつまでもじっくり見たくなる作品。

しかし天井をたったまま上を眺めるのでやや立ちくらみが。
そして、大量の観光客が出口付近でセキどめられ出れない!!
寿司詰め状態・・・!!
前のインド系の大きな男性の体調が悪くなってきたらしく(この状況によって)
バトンタッチで水が渡されました。
咳き込んだ風圧がもろ当たって嫌でしたが、しょうがない・・・
ずっと見つめていたかったミケランジェロの天井画。
見つめられる状況でしたが「もうこの苦しい空間を逃げ出したい」という現状況。

団体ツアーの人やら、家族旅行の人やら
人の混雑で大汗かきました。

夫とやっとの思いで混雑を抜け出し、サンピエトロ大聖堂へと向かいました。



にほんブログ村テーマ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活

にほんブログ村テーマ 旅行へ
旅行

にほんブログ村テーマ ** 旅の記憶 **へ
** 旅の記憶 **

にほんブログ村テーマ イタリアへ
イタリア

↓ご訪問いただきありがとうございます。押していただけると嬉しいです。

Comments

name
comment
comment form

Trackback

FC2Blog User

  1. Trackback