ふたりの暮らし

Home > 旅行 > ヨーロッパ > 【イタリア旅行準備】スケジュールを組む

2016.09.18 Sun 【イタリア旅行準備】スケジュールを組む

20160918.jpg

今回のイタリア旅行は往復直行便航空券+現地宿泊を旅行会社でとって、
あとは自分達の行きたいところに行くフリープラン。
ローマ→フィレンツェ→ヴェネチア→ミラノでハイライトをざっと巡る予定。
時 間 が な い
1ヶ月はゆっくり巡りたいが職場クビになる・・・

写真のようにエクセルでスケジュール表を作って夫と相談しています。
美術館の入場チケット予約、電車も予約予定。
滞在時間が短い分、しっかり予定は組みます。

あるあるなのが

「気付いたらこんな時間」 です。

大きな美術館は特に1つ1つの作品に圧倒され、時間をかけて
観ていたら朝から入館して夕方になってしまいます・・・。
全ては見切れないので観たいものを絞っていきます。
なんせ並ぶ時間もあるし、時間に余裕を持ちたいのでぎちぎちに
予定はいいれないことにしました。

【美術館などをオンラインでチケット予約状況】

・国内往路移動→OK
・ヴァチカン美術館→OK
・コロッセオ・フォロロマーノ→ローマパスにするか検討中
・ウフィツィ美術館→OK
・最後の晩餐→自力でとれないので(涙)予約会社依頼→OK
・現地での都市間高速列車予約→OK
・保険→検討中
・復路国内移動→これからとる


現地で極力お金を使いたくない、並びたくないので事前に予約してますが
手数料がとられたり、個人旅行だと宿泊税がかかるので
ツアーの方がすべて込み込みで、団体客として優先されるのでお得かも。
自由はないけど。

ロンドンはSuicaみたいなICカードでバスも電車もすいすい乗れて
チャージするだけだったので楽でした。
フランスは回数券を買ってゾーン外に出る時に別の切符がいるような
ややこしかったような気がします。(切符入れてるのに改札があかないとか)
トルコはプラスチックのオレンジ色のコインだったような・・・
地下鉄→ケーブル→トラムの乗り換えも必要な分だけコインを改札に入れて
すいすい乗れた記憶があります。

イタリア・・・
スリ対策で現金やカードはあんまり出したくない・・・
ありがたいことに今までスリにはあったことありませんが、スリにあうと手続きの時間も
もったいないですし、何より心が急落下してせっかくの旅を楽しめなくなってしまいます。

自分はスリに合わない、事件に巻き込まれないと思ったことはありません。
旅行先では常に自分の身は自分で守れるように自衛はするべきだし
いつでも危険と隣り合わせと思ってます。
そういう心持ちでいながらその場所、空気を楽しむ!

男の人が一緒だから安全・・・と感じたことも正直今のところないです。

とにかく準備せねば。



にほんブログ村テーマ ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活へ
ライフスタイル、ライフ、暮らし、生活



↓ご訪問いただきありがとうございます。押していただけると嬉しいです。



Comments

name
comment
はなちま : URL

2016.09.19 Mon 23:53

きちんとした下調べに抜かりのない予定表!!!
素晴らしいですね!

私が行った時はまだネットも発達しておらず。
ガイドブックのみでひたすら美術館巡りをしてました。

ツアーで行ったのですがなるべくフリーの時間が多いツアーを選んで行きました。
英語も勿論イタリア語も出来ない中で美術館のチケットの買い方・地下鉄等の切符の買い方やどの線から乗ればいいのか・・・・

あの時本当に良くあれだけフリーの時間に移動したなあ、と我ながらビックリです。
若かったからかも??

あの時のガイドブックも色々行った美術館のパンフ等もどこへいったのやら?
で、お勧めは出来ないのですが;; すみません!

楽しんでくださいね!

mariko : URL Re: タイトルなし

2016.09.20 Tue 10:48

はなちまさん>
コメントありがとうございます(^^)

ネット便利ですよね。
今はスト情報もリアルタイムで確認出来る様なので注意して確認します。
情報があり過ぎて整理していっているところです。
ここからじゃなく、ここから入った方が空いてる…とか情報が多いです!

ガイドブックのみで旅されたんですね!
イタリア語…英語のカケラもなくて難しいですよね(><)
フリーでも時間が決まっている中で、最大限に動けるはなちまさんはすごいです!
移動などに戸惑って時間をロスしそうで今からドキドキしています。

私もガイドブック片手に楽しんできますね!!
とりあえずカルボナーラ発祥の店には行こうと思ってます(^^)

comment form

Trackback

FC2Blog User

  1. Trackback